自店が絞り込むべき
ターゲット客層×機械戦略
策定
昨対比売上粗利
120%達成店舗
続出
申し込み後1ヵ月で
180日間の営業計画を
作成

自店が絞り込むべき
ターゲット客層×機械戦略
策定
昨対比売上粗利
120%達成店舗
続出
申し込み後1ヵ月で
180日間の営業計画を
作成
大手と同じ定番機営業をやめたら、売上粗利昨対120%を実現!

このような方にオススメ

  • 大型店が商圏内に出店したことで業績ダウンしているホール様

  • 市場、商圏に合わせた営業をしているが、業績ダウンしているホール様

  • 新台など機械による差別化を実行したが、結果がでなかったホール様

ズバリ!おススメです
大手と同じ定番機営業をやめたら、売上粗利昨対120%を実現!
1年後の粗利が増える
顧客絞り込み営業モデル策定レポート

なぜ船井総研がココまでおススメするか・・・

商品の解説・ポイント
  • 1

    1,000台クラス競合への差別化は機械だけではできなくなった

    ここ数年で大手法人の出店規模は1,000台クラスが当たり前になってきました。1,000台クラスで出店し、1~2次商圏内500台以下のシェアを獲得しています。機械だけで考えると大型店に対抗する設置台数を保有することは不可能です。弊社ご支援先でも苦戦を強いられていました。そこで生まれた差別化営業戦略がターゲット特化でした。
  • 2

    ただ設置機械を選ぶのではなく、特定のお客様に選ばれるお店づくりを

    現在、販売台数や、商圏客数だけで設置機械を選んでいないでしょうか?自店が特化すべきターゲット客層を明確にし、そのお客様が遊技したい、機械、企画、販促、接客などを構築することが重要です。商圏によって客層は多様です。本レポートを活用すれば、自店が特化すべきターゲットを把握することができます。
  • 3

    ターゲット特化した戦略策定後、180日間の売上、粗利計画へ落とし込む

    多くのターゲット特化営業を実行してきた船井総研だからできる、180日間の営業計画への落とし込み。具体的な数値計画がなければ、ターゲット特化営業は続きません。特定のお客様を捨てて、ターゲットに特化するため、数値計画がないと店長は不安から元の営業に戻してしまいます。成功させるためには、明確なターゲット選定と、数値計画が必要です。

商品を活用して成功した企業様の実績

成功事例
  • successful case

    商圏人口3万人
    400台クラスA店

    月間売上 
    1.2億円⇒1.4億円
    月間粗利
    2,000万円⇒2,200万円
    月間粗利-機械代
    1,600万円⇒1,800万円
  • successful case

    商圏人口7万人
    600台クラスB店

    月間売上 
    1.7億円⇒2.0億円
    月間粗利
    3,000万円⇒3,300万円
    月間粗利-機械代
    2,500万円⇒2,800万円
  • successful case

    商圏人口18万人
    600台クラスC店

    月間売上 
    2.0億円⇒2.4億円
    月間粗利
    3,600万円⇒4,000万円
    月間粗利-機械代
    2,800万円⇒3,100万円
大手と同じ定番機営業をやめたら、売上粗利昨対120%を実現!

商品申し込み方法・受験方法



1

サンプルレポートを
ダウンロード

2

貴社担当者
へご連絡

3

レポート
申し込み

4

報告会の
日程、場所
などの調整

5

実施調査
(2~4日間)

6

レポート
報告会開催

料 金

期間限定特別価格
50万円
(レポート実施目的により要相談)
大手と同じ定番機営業をやめたら、売上粗利昨対120%を実現!
LINE@ パチンコ経営者のためのLINE配信中 登録はコチラ 無料メルマガ パチンコ業界 4千人が購読! 登録はコチラ facebookページ パチンコ業界の最新情報を配信 フォローはコチラ